様々な投資方法

オフィスビル

投資顧問業務における投資一任業務では、顧客から預かった資金を専門の投資のプロがそれを資金として運用します。
資金を運用するにあたり、いくつかの方法があります。

短期間で一度に大きな投資を行い、多額のリターンを得たい場合に行われるのが、集中投資です。
特定の株式や国債に対して、一度に多額のお金を使います。
この投資により、購入した株式が一気に値が上がり、その状態で売却すると、大きな利益が出ます。

これに対して、資金が減るリスクを軽減した投資方法をリスク分散型投資とよびます。
このリスク分散型投資では、一つの株式に対して多額の金額を投資する集中投資とは子おtなり、国内の株式、国外の株式、国内の国債、海外の国債と投資項目を分けて投資を行います。...

Read More

主な2つの業務

判

このバブル時代にも、成功した投資顧問会社も中にはありました。

投資顧問とは、不動産投資や株式投資などの一般の投資家に対して、投資に関するアドバイスを行う投資のアドバイザーです。
投資顧問の業務には、大きく2つあります。
そのひとつは、「投資助言業務」です。投資家に対して、株式をはじめとする有価証券などの投資や運用方法をアドバイスする業務が、この投資助言業務となります。

もうひとつは、投資一任業務です。
投資一任業務とは、投資助言業務とは反対で、顧客から預金を預かり、その預金の運用を行う業務です。

投資顧問の業務を専門で行う会社を投資顧問会社といいます。...

Read More

バブル経済の崩壊

契約

高値で土地や株価の値段が止まってしまいました。そのため、土地や株は買い手を失ってしまいました。
企業は銀行から借りたお金を返済するため、不動産の売却を行い、資金を得る必要がありました。
しかし、それだけの高値で不動産を購入できる人はあまりいませんでした。そこで、値下げをして不動産売買を試みましたが、それでも売れませんでした。
これは、当時の不動産の値段がバブルの影響により釣り上がってしまっていたので、いくら値段を下げても高値だったため、販売できませんでした。

不動産や株価の値段は、その後下落の一途をたどりました。
不動産投資や株式投資を行う人も少なくなっていきました。...

Read More